TOP
54.12score

19-885

スポンサークリスタルガード

さながらジェットコースター?バスであり鉄道である「ガイドウェイバス」

ガイドウェイバス?ああ、あれね。と思った方は愛知県民および東海圏の方でしょうか?

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


知らない方が大多数だと思いますので説明しますと、ガイドウェイバスというのは、バスと鉄道を組み合わせた交通システムです。普段は一般道を走っているバスが、専用の高架道に入ると収納された案内輪を出し、電車のように走るのです(日本の法律上でも「鉄道」の扱い)。現在のところ日本で本格的に運用されているのは、名古屋の「ゆとりーとライン」のみです。

専用の高架道を走るため、渋滞の影響を受けないのが特徴。そのため鉄道のようにダイヤ通り運航することができます。

モノレールのように街中の宙をぬって走るバス!いつもの街のひと味違った景色が楽しめたり、高架道に入っていく非日常感が味わえるなど、ガイドウェイバスには特有の魅力があります。ちなみにこの専用道では「鉄道」の扱いになるので、バス停(停留所)は「駅」と呼ばれます。バス停とは思えないような大掛かりな施設もゆとりーとラインの特徴なのです。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


ガイドウェイバスの原型を調べると1859年の「ガイドウェイ馬車」という奇しくも似た名前のものまで遡れます。導入事例は多くないのですが、ドイツやイギリス、アメリカなどでは使われているようですよ。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


ドイツの地下鉄に乗り入れたガイドウェイバス。すごい非日常感!

こちらは世界最長のガイドウェイバス。オーストラリアの「オーバーン」です。専用道を活かし100km/hで爆走するバス!さながらジェットコースターのようです。

バスであり鉄道である「ガイドウェイバス」。なかなか搭乗するチャンスは無いかもしれませんが、機会があれば体験してみるのも面白いと思いますよ。

.

最終更新日:2014-03-29 15:56

コメント (0)