TOP
47.88score

19-885

スポンサーKataribe

健康食品って実際どうなん?という話

テレビCMなどで盛んに宣伝されてる健康食品。あれってどこまで効果あるんでしょうか?

まず結論を言えば「期待しすぎるな」ということになります。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

そもそも健康食品とは何か?というと、実は法律で明確な規定があるわけではありません。各社が勝手に名乗ってるだけ、です。我々の口に入るものは、謳う効果について科学的な根拠を積み重ねた「医薬品」とその他の「食品」に分けられ、健康食品はどこまで行っても「食品」です。栄養価の違いはあれ、スーパーに売ってる食べ物とその点では何ら変わんないわけで、医薬品のような劇的な効果を期待するのはお門違いなのですよ。

とはいえ、世間には一定の実力を持った食品もあります。そんな食品には例えばこんなマークが付いてたりします。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


よくCMでやってる「トクホ」こと「特定保健用食品」ですね。これはメーカーが科学的根拠を積み重ねて、消費者庁からめでたく認可された、という証です。これがあると「血圧の高めの方に適する」「体脂肪がつきにくい」といった「健康強調表示」が許されます。ただ勿論「(特定の疾患)に効く」などの薬効を謳った表記はできません。それは医薬品の仕事であって、そんなの書いたら薬事法違反です。

トクホは一定の科学的根拠の裏付けでもありますが、毎日相当量摂らないと効果が無いものもあったりしますし、表示の許可を得るためという性格も強いものです。でも、メーカー側がお金と労力をかけて裏付けを取ってる、という性格は覚えておいて損はないかと思います。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


似たものに「栄養機能食品」があり、こちらはマークなどはありません。牛乳なんかのパッケージによく書かれていますが、これは含まれるミネラル、ビタミンが一定の値に達していれば許可なしで(よく読めばわかりますが「許可は得ていない」と、ちゃんと表記されています)謳うことができるものです。例えば牛乳にカルシウムを添加して基準を満たし、これを表記してたりしますね。カロリーその他は考慮しておらず、値さえ満たせば表記できる、という性格は覚えておくといいでしょう。

健康を謳った食品は色々ありますが、それらだけ食べてても健康になるわけではありません。大事なのはバランスです。不足しがちな栄養を手軽に採れるという点では便利なものですので、期待しすぎず、頼りすぎず、その性格を理解して上手く活用するのが大事でしょうね。

.

最終更新日:2015-12-01 17:48

コメント (0)