TOP
65.80score

19-885

スポンサーKataribe

海女の魔除け「ドーマンセーマン」って知ってますか?

危険がいっぱいな海での仕事。三重県の志摩地方では昔からこんなマークが海女さんの魔除けに使われています。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


これはドーマンセーマン(あるいはセーマンドーマン)と呼ばれるもので、星形の印(セーマン)は一筆で書けることから魔物が入ってこられない、元の位置に戻ってくるから「無事に帰ってくるように」の意味。格子状の印(ドーマン)は「多くの目で魔物を見張る」といった意味付けがあるとも言われています。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


陰陽道の「五芒星」や「九字切り」などとも関係があるようですが、詳しいことは割愛。この印を海女さんは道具や装束などに刻んで魔除けとしています。近年はウエットスーツが普及しやや廃れつつあるようですが、ドーマンセーマンは形を変えて現在も海女さんが身につけているようですよ。それがこちら。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


じゃーん。

ドーマンセーマンのアクセサリーです。鳥羽を中心に販売されていて、様々な種類がありますよ。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


真珠を作るアコヤガイの貝殻に彫り込んだペンダント。500円とお手頃です。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


こちらはアコヤガイそのものを削って作ったアクセサリー。ペンダントのほか携帯ストラップやブローチも。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


シルバーで作られたセーマンのペンダントに、

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


江戸時代のストラップ「根付」

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


アンクレットなんかもあります。

鳥羽といえば真珠が思い浮かびますが、伝統文化が産んだこんなアクセサリーを手にとって見るのも面白いと思いますよ。伊勢志摩へおでかけの際には是非チェックしてみてください。

.

最終更新日:2014-02-27 03:30

コメント (0)