TOP
45.51score

19-885

スポンサーKataribe

なんで「酵素」をありがたがるのか

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


健康食品業界で大人気の「酵素」ですが、どうも不思議な捉え方をされているような気がします。

生体内で酵素が重要な働きをしているのは確かですが、それを補充したいなら体内で酵素の原料となる栄養素を摂るべきであって、酵素そのものを摂っても意味はありません。そもそも酵素はタンパク質なので、胃や腸でほとんどバラバラに分解されるため、酵素そのものの効果を期待するのは筋違いなんですよね。「酵素ジュース」って作る過程で酵素使ってるだけなので、「ハンバーグのホイル包み焼き」のアルミホイルをありがたがっているようなもんです。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


基礎的なことですが、人間は単純化すれば口から肛門まで一つの穴が空いているような構造になっており、もっと単純化すれば厚みのある1本の筒であると言えます。この筒の中の空間(消化管内)は「体外」であり、筒の厚みの中が「体内」です。食べ物は口から摂取しただけでは「体内」には入らず、「体外」である消化器でバラバラに分解されないと「体内」で活用できる形になって吸収されないのです。

だから「酵素だ酵素だ」と有難がって摂取すると事の本質を見失います。そんなに酵素が飲みたいなら洗剤でも飲めばいいのです。酵素ジュースでダイエットに成功したっていう人は、酵素で痩せたのではなく、だいたい酵素ジュース以外の食物をあまり(あるいは全く)摂らないことが原因です。野菜ジュースにはそもそも体に必要なビタミンなどの栄養素(これは必要なのでちゃんと吸収される)が含まれているので、「野菜ジュースに入った酵素」ではなく「野菜ジュース」を有難がるべきです。

あと「酵素」と「酵母」の区別が曖昧な人も多いので、これもきちんと理解しておくべきです。「発酵食品」と一緒くたにして「酵素食品」を売り込もうとする輩も多いので。「酵母」は単純に言うとカビで、自らが生きるために糖などを分解してアルコール(これを利用したのが日本酒)や炭酸ガス(これを利用したのがパン)を生じさせます。食物がこのような過程で変質し、人間にとって不利な結果になるのが「腐敗」、有利な結果になるのが「発酵」です。で、酵素は化学反応をスムーズに進めるため生物が作り出すタンパク質で、もちろん酵母も人間もこれを産生しています。

「発酵食品」が体にいいとされているのは「発酵」によって「栄養素などが生じているため」であって、「酵素が豊富にあるから」ではないのです。また発酵食品が腸内細菌に良い影響を与えるという「プロバイオティクス」の研究も進められていますが、有望な結果が幾つか得られているものの、まだはっきりと判っていない面も多いようです。発展途上と捉えるのがいいでしょう。

.

最終更新日:2016-02-15 19:28

コメント (0)